自動車のメンテナンスには、整備と点検の意味がありますが、素人が家庭で比較的に容易にできるものと、業者に依頼すべきものに分けることが出来ます。整備は基本、業者に依頼すべきもので、点検までなら素人でも可能です。
素人が家庭で比較的に容易にできる日常点検には、エンジンルーム内・車まわり・運転席に座っての点検が可能となります。


エンジンルーム内の点検には、ウォッシャー液の有無、バッテリー液がLOWとHIGHの間にあるのか、ブレーキオイルの量がLOWとHIGHの間にあるのか、クーラント(冷却水)はLOWとHIGHの間にあるのか、エンジンオイルの量は適量か汚れいないかオイルレベルゲージで確認できます。
車まわりの点検には、タイヤの溝や空気圧、ヘッドライトやウィンカーなどの球切れ、フロントガラスのヒビ割れ、ファンベルトやエンジンベルトなどにたるみが適正か異音がしていないか、マフラーから白煙や大きな音はしていないかが確認できます。
運転席に座っての点検には、ブレーキの踏みしろや効き具合、パーキングブレーキの効き具合、ウォッシャー液の散布具合、ワイパーの拭きとり具合、エンジンのかかり具合でバッテリーやプラグの状態、スムーズな加速ができるかの確認ができます。
上記以外のメンテナンス(整備・点検)は、業者に依頼すべきものになります。
適量を守れば、ウォッシャー液やバッテリー液の補充、ワイパー交換程度は素人でも出来ますが、これ以外は整備工場でメンテナンス(整備・点検)することが、安全安心なカーライフを送ることが出来ます。