車の日常点検は、法律でも定められているように、安全運転のためには非常に重要なのです。
中でも、とりわけ大切なのは、ブレーキフルードの点検です。
これは、何としても実施しておくべきです。
もし、ブレーキが正常に作動しなければ、怖くて車には乗ることができません。
ブレーキペダルを踏むことで、そこからロッドが押され、マスターシリンダーで、フルードに圧力がかかってきます。


この圧力が、各ブレーキに均等に伝わります。
そして、それぞれの車輪に付いているブレーキのピストンが押し出され、ブレーキがかかる、というメカニズムになってます。
点検のポイントは、液量の確認です。
乗用車であれば、エンジンルームの中に、ブレーキ系の油圧発生部があります。
リザーバータンクを見ますと、側面にMAXとMINというラインがあります。
その上下の間に液面があれば、液量は適正だということになります。
MAXの位置から少し減っているからといって、そのつど継ぎ足す必要はありません。
これは、最初はMAXのレベルにあっても、ブレーキパッドが減ってくることによって、ブレーキ側に全体量が移動するからなのです。
ただし、目に見えて液量が減っているようであれば、漏れている可能性があります。