ラジエーター液によって、車の温度の調節が行われています。ラジエーターは一般的には車の最前部分に設置をされています。冷却水によってエンジンの熱を取り除いています。このことによって、温度が保たれているのです。水を沸騰させないように加圧がされています。エンジンが正常に動くためには大切なものです。定期的な点検で、冷却水液の量を確認する必要があります。これは、補助タンクの確認をして、フルとローの間にあるか点検をします。


そして、必要に応じてタンクに補給を行います。補充液は専門店などで販売をされています。一般的なものは、凍結しにくく錆も防止します。補給の際には、エンジンルームにこぼさないように行う必要があります。規定以上の量を補給することは厳禁です。長く使用をしていると、性能が低下していきます。そのために、この場合は液の交換が必要です。車検の際に交換をする人も多くいます。しかし、走行距離が多い場合は、早めの交換が必要になる場合があります。交換は自分で行うこともできますが、手間のかかるものです。そのために、専門店で機械によって交換をすることの方が多いのです。また、キャップも6年程度で交換したほうが良いといわれています。