車検関連

| 未分類 |

日本では車検制度があり、自賠責支払、重量税支払、印紙税支払、と共に点検整備事項を行ないます。
この検査制度は、国が定めた保安基準に適合しているかを確認し、さらに自賠責保険料(強制保険)を負担し、 都道府県に納付される重量税の徴収が行なわれます。


重量税の使い道は都道府県により違いますが、色々な行政サービスに充てられるようです。
純粋な検査の手数料は、軽自動車1400円、小型車1700円、普通車1800円です。
そこに自賠責、重量税を足すことが基本的な料金ですが、ディーラーなどでこの検査を行うと基本検査料金に、テスター料金、整備費用、各種手数料などの諸々の費用が掛かります。
近年になって、ガソリンスタンドなどで安価な料金でこれを行なう業者が出てきており、検査そのものを通過させるのみでしっかりとした整備がされないまま、車が返されるという問題が生じています。
また、安価な価格を謳い、実際に見積もりをしてみると、交換する必要もないものを色々と交換して結果として高額な費用を回収する業者も多いです。
4900円と表示しながら見積もりではテスター代やエアコンフィルター交換など、ガソリンスタンドなどではオイル販売を高く行うこともあり、価格面ではなく信頼のおける業者に任せるのが良い方法です。