税金関連

| 未分類 |

自動車は購入する際にも、購入後保有し続ける際にも税金の支払いが必要となります。
自動車の購入時に課される税は自動車取得税です。この税は購入時の価格に関係なく、課税標準額に初度登録からの年数に応じて定められる残価率を乗じて得られる取得価格に、税率を乗じた価格が納税額となっており、自動車取得後最初に行う名義変更手続きの際に納付します。


自動車の保有時には、登録自動車の場合は自動車税と自動車重量税を、軽自動車の場合は自動車税の代わりに軽自動車税を納付することになります。自動車税と軽自動車税は地方税で、4月1日の時点における車両の保有者に納税義務があり、5月末までに納付を済まさなければなりません。自動車重量税は国税で、新しい車検証の交付をうけようとしている車の保有者と、新しく車両番号の指定を受ける車の保有者に納税義務があり、車検の手続きの際に納付します。このとき、自賠責保険の有効期限が迫っている場合は、車検の手続きを行う前に自賠責保険の更新手続きが必要です。
また、自動車の運行時には、その車で使用する燃料に応じて、揮発油税、石油ガス税、軽油引取税のいずれかが課せられます。これらの税は、車の燃料補給時に燃料の価格に上乗せする形で徴収されており、事業者によって納められることになっています。