自動車に掛かる諸費用

| 未分類 |

車を購入するときの予算を考える場合、本体価格以外にどれくらいの諸費用が掛かるかを把握しておかなければなりません。購入時に掛かるものもあれば、継続的に掛かるものもありますので、両方のおおよその金額を認識することで、収入に対して無理のない車種選択が可能になります。
まず大きなものをあげると、取得税、重量税などの各種税金関係があります。これらは排気量、グレードや年式、車重により定められていますので、購入する車種により異なってきます。大型で高級になるほど金額が高くなる傾向がありますので、車体価格以外にも留意する必要があります。


もう一つ大きいのは、自賠責保険や任意保険です。自賠責保険は強制ですが、任意保険もほとんど加入しないという方はいらっしゃらないと思いますので、予算に加えておくべきでしょう。
その他諸経費として、車庫証明費用や、ナンバー取得などの各種代行手数料があります。諸経費は自分で行うことで削ることができますので、費用を抑えることが可能です。
自動車税は毎年、重量税は車検ごとに支払いが必要になります。それらと車検費用およびガソリン代、月極め駐車場を使用する場合はその金額を加えたランニングコストが車に掛かる主な費用になります。